シェアオフィスは快適な環境で仕事ができる!設備も万全!

シェアオフィスはセキュリティーの整ったところが安全でおすすめ

見上げたビル

シェアオフィスの良いところは、安く一等地にあるオフィスを借りられることです。月額制で会員しか入ることができないため、不審者が入り込む心配もなく、安全に仕事に利用することができます。アクセスのよい場所にある賃貸オフィスを借りるとしたら、シェアオフィスのように格安では利用することができません。したがって、これから起業する方やプロジェクトを立ち上げる方が、拠点として使うために借りるのに適しています。シェアオフィスはオープンアドレスの席を自由に使うスタイルが一般的ですが、レンタルオフィスのように個室を設けているケースもあります。それはオプションであることが多いので、もし個室が使いたいならオプションを選びましょう。
セキュリティーは、監視カメラが設置されていて、管理人が常駐しているところなら安全です。また、入館カードがないとは入れないタイプなら、不審者はほぼ確実に入ってこられないのでセキュリティーを気にする方はこうした体制がフルで整っているシェアオフィスを選んでください。シェアオフィスはレンタルするタイプのオフィスですが、法人登記に使えるオプションがあれば、そこを会社の住所にすることもできるので活用しましょう。

製造メーカーやクリエイター向けのシェアオフィスも存在する!

製造メーカーやクリエイターの方にとって、シェアオフィスは使用用途に合っていないと考えていませんか?製造メーカーの場合、自社に製造ラインや加工機があることが条件と考え、クリエイターの方は自由に使える機器が必要と考えます。その結果、シェアオフィスはこれらに対応できないと思いがちですが、モノづくりやクリエイティブな事業に向いたシェアオフィスも存在します。
製造メーカーやクリエイター向けのシェアオフィスでは、共用施設として高価な加工機や設備を完備しています。金属加工に必要な加工機や三次元加工機、3Dプリンタなどを完備し自由に使用することができます。つまり、シェアオフィス内で試作を行い、自社で設計開発を行い、量産化可能な製造メーカーへOEM生産を委託するといった事業スタイルが可能です。また、クリエイターなら製造ラインで使用される加工機により、これまでは考えられなかったデザインを考案することができます。シェアオフィスに高価な加工機が設置されていれば、初期投資が不要となり様々な製品開発を行うことが可能です。中には、中小企業でも投資が難しい高精度なレーザー加工機やNCマシンなども完備し、ベンチャーで起業した際でも高い精度と品質を満足したものを納入できる体制も確保できます。

雑務もシェアオフィスの運営会社が行う!人件費削減に有効!

自前でオフィスを構える際、毎月の賃借料や水道光熱費、インターネット料金だけでなく清掃費用や雑務を行う人の人件費までもが発生します。一見すると必要経費と思いがちですが、起業間もない時期や小規模な事業を行っている場合、目には見え難いコストとしてのしかかり経営を圧迫してしまうことがあります。そこで、シェアオフィスを利用してこれらの経費負担と人件費を削減しませんか?
まず、シェアオフィスは水道光熱費やインターネット料金は月額料金に含まれ、利用者同士で負担し合うことになります。つまり、固定された金額となるため、使用料が多いという場合でも費用負担が抑えられます。また、トイレや給湯室などの消耗品類やオフィスの清掃費用までもシェアオフィスの料金に含まれます。そのため、消耗品費が高額になったり、高い清掃費用を毎月負担し続けることがありません。さらにお茶出しからコップ類の洗浄までシェアオフィス側で対応してくれます。そのため、来客対応のためお茶出しから食器洗いそして雑務まで行ってくれるスタッフを雇用する必要がなく、人件費の負担もありません。さらに電話応対もシェアオフィスのコンシェルジュが行ってくれ、起業間もない時期でスタッフを雇用する余裕がなくても、普通の会社並みの対応が可能になります。

ピックアップコンテンツ

インフォメーション

  • SOHOの方におすすめのシェアオフィス

    SOHOでビジネスをされている方は、自宅がオフィスや事務所であるという場合…

  • オフィスの移転が必要ならシェアオフィスを検討しよう

    大抵の場合、どの企業もオフィスや事務所は賃貸契約を結んでその場所を借りてい…